紙製ジグソーパズルの誕生・歴史をザックリと

1800年代終わり頃

紙製のジグソーパズルができました。

それまでジグソーパズルは木製であったため
大変高価なものでした。

1900年代の初め頃

それまでの木製パズルと比べ安価な
ボール紙製ジグソーパズルが普及していきます。

木製のジグソーパズル ⇒ 糸のこぎりで作っていました。
紙製のジグソーパズル ⇒ 金属製の抜き型で押し切って作ります。

生産技術の進歩とともにジグソーパズルの大量生産が可能となり
紙製ジグソーパズルの普及も拡大していきました。

1920~1930年代

大人も楽しめる絵柄のジグソーパズルも普及しました。
ピースの形もより複雑になり難易度も上がっていきました。

“ジグソーパズル中毒”になるほどの人も現れ一大ブームとなりました。

子供から大人まで楽しめる玩具 = ジグソーパズル …という確固たる位置を築きました。

コメントを残す

このページの先頭へ

成行